スヌーピーについて

スヌーピーは、アメリカ合衆国ミネソタ州出身のチャールズ・モンロー・シュルツが連載した4コマ漫画「ピーナッツ」に登場してくる、オスのビーグル犬です。

鼻の長い白黒の犬で、いつも犬小屋の赤い屋根の上で寝ています。

1950年から新聞に連載開始されるなり、スヌーピーは人々から愛されるようになり、アポロ10号の月着陸船にはスヌーピーという名前がつけられるほど人気になりました。

スヌーピーという名前の由来は、うろうろとかぎ回るという意味の英単語『snoop』からきています。

「ピーナッツ」というコミック作品では、主人公の少年、チャーリー・ブラウンがスヌーピーを飼うまで、そしてスヌーピーが飼い犬となってからの、チャーリーとその周辺人物たちとの交流が、あたたかな眼差しで丁寧に描き込まれています。

どんどん成長するスヌーピーの小さな世界は、実は人の家のように広々とした階段付きのしあわせな犬小屋、スヌーピーの趣味であるサングラスなどの変装用小物など、シンプルな白黒の犬としての外見からは意外なほどファンタジックで個性豊かな要素も盛りだくさんなところがみどころです。

それらは、スヌーピーがかぎ回っているところの、コンビのように仲良しの飼い主の少年、チャーリー・ブラウンの周囲の世界を反映したかのような世界でした。
連載当時、漫画家のチャールズ・モンロー・シュルツはマンガの通信講座「アートインストラクションスクール」で、既に本物の友人のチャーリー・ブラウンと出会っていました。

漫画家のチャールズ・モンロー・シュルツは、1922年生まれで幼い頃から画才を発揮していましたが、アメリカ合衆国ミネソタ州での誕生後まもなくしてつけられたあだ名は、スパーキーというものでした。
これは当時のマンガに出てきていた馬の名前に由来していました。
まさに、運命づけられたようなチャールズ・モンロー・シュルツと、友人チャーリー・ブラウンとの出会いでした。

まじめでやさしい、繊細な少年のチャーリー・ブラウンと、連載当初からどんどん知的になっていく、クールなオスのビーグル犬のスヌーピーは、好対照な凸凹コンビ。

チャーリー・ブラウン監督の野球チームでは、スヌーピーはしっかり名遊撃手になっているほどで、知的なだけでなくスポーツ万能でもありました。

世相を反映して次々と編み出されていくスヌーピーと飼い主の少年チャーリー・ブラウンの世界は、チャーリーの妹サリーや友達のフランクリンなどといった周囲の人たちとのふれ合いを通して、どんどん大きく拡大していくのです。

世界で愛され、テレビ放映やキャラクターグッズ販売などで、日本の皆にも親しまれてきた、スヌーピーとその仲間達は、チャールズ・モンロー・シュルツにより、約50年に渡り連載されてきました。

最近の投稿

メットライフアリコの広告で使われるスヌーピーについて

メットライフアリコの広告で使われるスヌーピーについて

1950年に7つの新聞で連載開始され、スヌーピーたちの棲むマンガ「ピーナッツ」は、なんと1985年には2000・・・

2014/06/18 13:12 | メットライフ

続きを読む »

スヌーピーの今までのイベント情報・告知

スヌーピーの今までのイベント情報・告知

大人気のマンガ「ピーナッツ」関連イベントは、着ぐるみがくるといったものから、展覧会までさまざまです。 とはいえ・・・

 | イベント

続きを読む »

スヌーピーの人気の理由と歴史について

スヌーピーの人気の理由と歴史について

1950年にスヌーピーは、作者のチャールズ・モンロー・シュルツの兵役の記憶から世間に生まれでました。 第二次世・・・

 | ギャラリー

続きを読む »

スヌーピーのオススメのオリジナルグッズ

スヌーピーのオススメのオリジナルグッズ

スヌーピーのグッズの歴史は50年以上もあります。 数知れぬほど世界中にグッズがあるのですが、国内では、スヌーピ・・・

 | オリジナルグッズ

続きを読む »

スヌーピーの原作「ピーナッツ」とその作者について

スヌーピーの原作「ピーナッツ」とその作者について

スヌーピーが登場する舞台となった「ピーナッツ」とは、マンガのタイトル名になります。漫画家になるべくして生まれた・・・

 | ピーナッツとは

続きを読む »

スヌーピーのみどころ

スヌーピーのみどころ

スヌーピーとその仲間たちが日常生活を謳歌する舞台、マンガ「ピーナッツ」は、当初、4コママンガとして新聞紙上にス・・・

 | みどころ

続きを読む »

スヌーピーのプロフィール

スヌーピーのプロフィール

白と黒のシンプルかつおっとりした見た目の割りに、スヌーピーは大変個性的なキャラクターです。 誕生日やエピソード・・・

 | 開催要項

続きを読む »